出張で疲れたくない…4つのコツで出張翌日でも「スッキリ。」

ビジネス

「出張は疲れる・・」「出張の翌日身体が重い・・・」⇒4つのコツを心がけて出張で疲れない!

出張の移動疲れは減らすことができる。

出張で疲れないための4つコツ

出張疲れを半減させるべく、出張で疲れない方法をまとめてみました。

「出張疲れるなぁ」と思っているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

出張で疲れない方法(1)「キョロキョロしない」

疲れない出張のためには移動中でも景色をみたり、「美味しそうなものはないかなー?」といった目でキョロキョロしない方がいいです。

移動中はパソコンが広げられれば仕事に集中するか、何もすることがなければ目を瞑りましょう。

視線移動は無意識下で疲労を蓄積する原因になります。

移動疲れを減らすためには景色などは見ずに、目を瞑ることが最も効果的です。

出張で疲れない方法(2)時間に余裕をもつ

スケジュールがタイト過ぎることはストレスの原因になります。

余裕をもったスケジュールを組みましょう。

新幹線ならエクスプレス予約

飛行機ならANAのフレックスのように当日時間変更が可能な申込方法だと、時間にあわせて無理なく変更が可能です。

出張で疲れない方法(3)耳栓、イヤホンをつける

キョロキョロと景色を見ないことと同じように、耳からの情報も減らした方が疲れを減らすために効果的です。

人の話し声や新幹線や飛行機の風切り音など聞こえない状態を作ることで疲労感が大きく軽減されます!

新幹線や飛行機の風切り音は、ノイズキャセリング機能のついたヘッドホンやイヤホンでほとんど聞こえなくすることかできます。

価格は少し高くなりますが、移動中の疲労感が大幅に軽減されるため出張が多い人にはとてもオススメです!

出張で疲れない方法(4)暴飲暴食をしない

温泉旅行に行ってくつろいだはずなのに、帰ってきてからどっと疲れが出たことありませんか?

それは胃腸の調子はからくる疲れかもしれません。

温泉旅行でも疲れるのに出張先で美味しいものをたくさん飲み食いをしてしまうと、あとから疲労が襲ってくるのは当然です!

疲れない出張のためには、ちょっと我慢して腹八分を心掛けましょう!

出張で疲れない方法 まとめ

  • 視覚、聴覚からの情報を減らす!
  • 時間に余裕をもつ
  • 食べ過ぎない、飲み過ぎない!

コメント