踏み台昇降しながら読書が良い理由「時短×ダイエット×脳の活性化」

踏み台昇降×読書が良い理由 生活の知恵

踏み台昇降をしながらの読書は良いことだらけ!「相乗効果がすごい。」

踏み台昇降しながら読書で「脳の活性化×ダイエット」

  1. 本を読む習慣を作りたいけど、時間がとれない・・・。
    1. 忙しくても続けられる読書について、調べて考えてみた。
  2. ダイエット、健康維持に適度な有酸素運動は欠かせない。
  3. 健康維持、ダイエットに効果的な有酸素運動は?
    1. ジョギング(ルームランナー)
    2. サイクリング(エアロバイク)
    3. 水泳
    4. エアロビクス、ダンス
  4. 有酸素運動は何分以上行うのが効果的?
    1. 有酸素運動の時間の目安は「20分以上」
  5. 読書も有酸素運動も時間がかかる!でも毎日続けたい⇒「一緒にできないか?」
    1. 「読書しながらできる有酸素運動」の条件
    2. 読書中にできる有酸素運動としておススメは「踏み台昇降(健康ステッパー)」と「エアロバイク」
  6. 有酸素運動をすると「脳の働きが活性化する」
    1. 運動をすることで脳の吸収率があがる⇒秀才に文武両道が多い理由
  7. メンタリストDaiGoは「踏み台昇降をしながら読書をしている」
  8. メンタリストDaiGoが踏み台昇降をしながら読書する理由
      1. (踏み台昇降×読書)ステッパーの選び方 おススメは?
        1. ステッパーの可動部の動きが大事!
        2. 読書しながらの踏み台昇降をしたい人に、最もおススメのステッパーはこれ
  9. 手をふさぐことなく読書をするなら「オーディオブック」という方法も
  10. (まとめ)有酸素運動と読書の相乗効果、すごいかも

本を読む習慣を作りたいけど、時間がとれない・・・。

本が読めない悩み

私は今でこそ1ヶ月に10冊ほど本を読みますが、もともとは本が人一倍苦手でした・・・。

苦手だった理由は思い返すと、本に対して身構えすぎていた気がします。

しっかり本を読むための時間を作って、読書中は本のことだけに集中しなければいけないような気がしていました。

しかし仕事をしていると日々が慌ただしくて、なかなか読書だけに集中する時間もとれません。

忙しくても続けられる読書について、調べて考えてみた。

本を読んで勉強したいと思ってはいても、ますます本から遠のいていくという悪循環。。。

そこでもっといい方法はないかと読書の仕方について試行錯誤し、色々調べていました。

調べていく中で、忙しい中で読書を取り入れる方法として、

「有酸素運動をしながら読書をする」という結論に至りました。

ダイエット、健康維持に適度な有酸素運動は欠かせない。

踏み台昇降しながら読書で「脳の活性化×ダイエット」

有酸素運動は体脂肪をエネルギー源として使い燃焼させるため、内臓脂肪も同様に減少させることができます。内臓脂肪量が減少することでアディポサイトカインの分泌も減少するため、高血糖、脂質異常、高血圧、動脈硬化の予防・改善につながります。有酸素運動には、様々な生活習慣病の原因を予防・改善する効果があります。

公益財団法人長寿科学振興財団「健康長寿ネット」

適度な有酸素運動を生活の中に取り入れることは、生活習慣病予防の観点からもとても大切です。

私の場合、標準をやや超える肥満体形でしたが、3ヶ月で6kgの減量に成功しました。

食事制限と合わせて、有酸素運動を取り入れた効果はかなりあったと実感しています。

健康維持、ダイエットに効果的な有酸素運動は?

ジョギング(ルームランナー)

有酸素運動しながら読書は相乗効果がすごいかも

サイクリング(エアロバイク)

有酸素運動しながら読書は相乗効果がすごいかも

水泳

有酸素運動しながら読書は相乗効果がすごいかも

エアロビクス、ダンス

有酸素運動しながら読書は相乗効果がすごいかも

有酸素運動は何分以上行うのが効果的?

有酸素運動の時間の目安は「20分以上」

有酸素運動が効果を発揮するのは20分

脂肪燃焼を目的とした有酸素運動であれば、運動時間は20分以上が必要といわれています。

運動を開始して20分以内は食事で摂取したグリコーゲンが主なエネルギー源となり、脂肪はほとんど燃焼されません。

20分程度経った頃に体内の脂肪がエネルギー源として用いられます。

有酸素運動をするならば、20分以上が目安といえます。

ほどほどのところでやめることで、脂肪をある程度燃焼させられます。

無理しすぎると体調を崩してしまうので、適度なところでやめるのが続けるためのコツです。

読書も有酸素運動も時間がかかる!でも毎日続けたい⇒「一緒にできないか?」

踏み台昇降しながら読書で「脳の活性化×ダイエット」

有酸素運動しながら読書をする方法があれば、一日の中で使える時間が増えるかもしれません!

「読書しながらできる有酸素運動」の条件

  • 手がふさがっていてもできる運動であること
  • 視線が本に集中していても事故を起こさず、安全であること(屋内でできるもの)

読書中にできる有酸素運動としておススメは「踏み台昇降(健康ステッパー)」と「エアロバイク」

先ほどの条件を満たす有酸素運動としておススメは、

「踏み台昇降(健康ステッパー)」と「エアロバイク」です。

私が愛用しているエアロバイクはこれです。

読書しながらエアロバイクで痩せる

はじめはエアロバイクのためにジムにも通っていたのですが、自宅にあると雨の日や寒い日の朝でも頑張る事ができます。

エアロバイクを漕ぎながら読書
私は毎日エアロバイクを漕ぎながら本を読んでいますが、このように軽く本を置くためにちょうどいいスペースがあると快適に漕ぐことができます。

有酸素運動をすると「脳の働きが活性化する」

有酸素運動で脳を活性化

有酸素運動が脳に良い影響を与えることは、脳科学の世界でも定説となっているようです。

- 脳科学に関心をお持ちのビジネスパーソンも多いと思うのですが、筋肉等と異なり脳を鍛えるというのは難しそうなイメージもあります。効果的な脳の鍛え方はあるのでしょうか。

澤口俊之氏 答えはめちゃくちゃ単純です。基本的には有酸素運動をすればそれで十分。まともな研究者ならみんなそう言うと思いますよ。これはあまりにも常識すぎちゃって、脳科学者は40年以上前からわかっているんです。その後もどんどん研究が進み、いまでは個人個人の脳の体積も測れますからね。脳の基底を伸ばすのに確実に効果があると実証されているのは、なんと言っても有酸素運動。これに尽きます。

脳科学者澤口俊之氏インタビュー(第一三共ヘルスケア)

運動をすることで脳の吸収率があがる⇒秀才に文武両道が多い理由

秀才に文武両道が多い理由は、運動で脳が活性化されているから勉強の効率もあがるからです。

運動をすることで学習効率は格段にあがります。

秀才ほど「文武両道」であることが多いようなイメージがありませんか?

科学的にもその根拠がありそうです。

ジョン・レイティ博士(ハーバード大学医学大学院准教授)は著書『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)で、「運動は脳の基礎構造を物理的に強くする」と説明している。つまり、「運動に熱心だったのに、勉強ができる」のではなく、「運動に熱心だったから、勉強もできる」という可能性が高いのだ。

John J. Ratey ハーバード大学医学大学院臨床精神医学准教授
なぜ頭のいい人は「運動」が好きなのか PRESIDENT Online

「勉強や仕事で行き詰ったときに、外を散歩して頭がすっきりした」という経験は誰でもあると思います。

運動と脳にはとても密接な関係があります。

ですので、

有酸素運動をしながら読書をすることで、脳が活性化した状態となるので知識の吸収が高まります。

メンタリストDaiGoは「踏み台昇降をしながら読書をしている」

メンタリストDaigoも実践する踏み台昇降読書

踏み台昇降をしながらの読書は、読書家としても有名なメンタリストDaigoさんも自宅で実践している方法です!

メンタリストDaiGoが踏み台昇降をしながら読書する理由

メンタリストDaiGoさん曰く、

踏み台昇降をしながら読書をすることで

  • 集中力が向上
  • 読むスピードが格段に向上する

ということだそうです。

その模様はニコ生やロンハーでも披露されていました。

(踏み台昇降×読書)ステッパーの選び方 おススメは?

ステッパーの可動部の動きが大事!

ステッパーで可動部の動きが滑らかなことは重要なポイントです!

なぜかというと関節への負担が全く変わってくるからです。

健康のために踏み台昇降を始めたのに不要な負担を関節にかけ続けて、身体を壊してしまっては本末転倒です…。

健康づくりのためのステッパーは長く使うものです。

作りがしっかりしていて、油圧式のものを選ぶと関節に負担がかかりにくいです。

読書しながらの踏み台昇降をしたい人に、最もおススメのステッパーはこれ

ショップジャパンのステッパーが読書しながら踏み台昇降をしたい方に最もおススメです。

・動きが滑らかな油圧式

・歩数のカウントができる

・あると嬉しいハンドル付

バランスを崩しそうになったときにハンドルがあるのとないのとでは安心感が全く違います!

手をふさぐことなく読書をするなら「オーディオブック」という方法も

有酸素運動しながら読書するならオーディオブックがおすすめ

スマホとイヤフォンさえあれば、どこでもできる読書の方法もあります。

本を音読してくれる「オーディオブック」を使うことです。

オーディオブックの読書は見るものではなく、聴くものです。

代表的なものがAmazonの「audible(オーディブル)」です。

オーディオブック対応の本はかなり増えてきていて充実しています。

聴く読書であれば屋外でのランニングや散歩にも対応できるメリットは大きいので

まだ使ったことがない方は、無料体験などを使ってぜひ試してみてくださいね。

(まとめ)有酸素運動と読書の相乗効果、すごいかも

踏み台昇降しながら読書で「脳の活性化×ダイエット」

・有酸素運動はダイエットや健康維持に欠かせない

・有酸素運動をすると脳が活性化する

・エアロバイク、踏み台昇降をしながら読書をすることで・・・「時短になる×ダイエットになる×脳を活性化するので知識の吸収が高まる」

コメント